幻の松阪牛「松吉」と 元アマングループ統括シェフ「的場圭司」による 「M2」 主要メディアに掲載後、各種イベントを実施

〜 様々な媒体を通じて発信し続ける「世界に向けた総拠点」〜

株式会社東京美食Labo(本社:東京都港区西麻布3-22-9 代表取締役:笠川大海)が食材を提供し全面的にバックアップする「M2」が主要メディアに取り上げられた後に、東京カレンダー様(2021年1月号)対談記事の舞台としてもご利用頂くなど各種イベントを実施致しました。


東京カレンダー2020年12月号(※2021年1月号にも掲載)

数百頭に一頭の究極の和牛、幻の松阪牛「松吉牛」を貴方は知っているか!?

https://tokyo-calendar.jp/article/19626

<WEB掲載記事>


東京カレンダー2020年12月号

<紙面掲載記事(p14)>


LEON 美食のネタ帖 2020.10.29

日本最高峰のビフカツサンド、そのお値段はなんと……

https://www.leon.jp/gourmet/42406?page=2


寺門ジモンの肉専門チャンネル(2020年10月29日〜)

あの寺門ジモンシリーズ【取材拒否の店】【常連めし】に続きついに第3弾が始動!

「M2」


FOOD PORT. しおりんの行かねば損する東京の焼肉

新たなブランド牛で新規出店! 西麻布「M2」

https://foodport.jp/restaurant/48688.html


対談記事(東京カレンダー2021年1月号)

赤星憲広選手(元阪神)と金丸恭文会長(フューチャー株式会社)の対談にご利用頂きました。


店舗概要

店名:M2(エム ツー)
住所:東京都西麻布4-2-9 シーズンズ西麻布102(広尾駅徒歩7分、六本木駅徒歩12分)
電話:050-5457-0696
時間:17:00-23:00
休日:日曜日
URL:https://www.instagram.com/m2_tokyo/
https://pocket-concierge.jp/ja/restaurants/245069


■ 株式会社東京美食Laboについて

日本の美食を繋げて世界中の人を笑顔にする為に、身体が喜ぶ「美食」を探求し世界を笑顔に。東京美食Laboは、美味しくて身体に良い「美食」を探求し、生産者と消費者を繋げて世界に笑顔を届けます。

世界最高峰の幻の希少食材をはじめとして、上質な食の提供を追求。独自の生産者や販売ルートのネットワークを世界中で構築していきます。


会社概要

会社名:株式会社東京美食Labo
所在地:東京都港区西麻布三丁目22番9号
代表者:笠川大海
設立:2019年7月
URL:https://tokyo-b-labo.com/

事業内容:
(1) 新規事業・商品開発 日本の美食を生産者と共に「発掘・創出」
(2) 販売・マーケティング事業 独自の国内外販路を経由して美食を「販売・マーケティング」
(3) プラットフォーム事業 生産者と顧客をつなぐ上質な美食の「プラットフォーム」創造

本リリースに関する報道お問い合わせ先

株式会社東京美食Labo
マーケティング本部
マーケティング企画室長
松本克也
TEL:03-6435-0038(平日10:00-17:00)
E-mail:info@tokyo-b-labo.com

超長期50ヶ月肥育「幻の松阪牛」と 世界で活躍「元アマングループ統括シェフ」の 奇跡の出会い 「M2」が港区西麻布に2020年9月1日オープン

〜 「最高の食材」を「最高のシェフ」が最大化してご提供〜

株式会社東京美食Labo(本社:東京都港区西麻布3-22-9 代表取締役:笠川大海)が食材を提供し全面的にバックアップする、超長期50ヶ月肥育「幻の松阪牛」と世界で活躍「元アマングループ統括シェフ」の奇跡の出会いによって誕生した「M2」が東京都港区西麻布に2020年9月1日オープン致します。



3つの特徴、こだわり

(1)「M2」の「M」の一つは幻の松阪牛と呼ばれる「松吉牛」のM。通常24〜30ヶ月前後の肥育が多い中、約50ヶ月をかけ肥育した牛を提供致します。

(2)もう一つの「M」が「的場圭司」のM。あの有名な「アマンリゾーツ」で日本人初のコーポレートエグゼクティブシェフとして世界で活躍し、数多あったオファーを蹴り自身の居場所として選んだのが「M2」になります。

(3)その2つの「M」が日本のみならず世界に向けて「最高の和牛・日本の食」を発信していく本拠地が西麻布に誕生した「M2」。単なる一飲食店舗の枠を超えた展開を目指します。


誕生の背景

世界に向けて畜産市場に革命を起こしていく「松吉牛」と、鮨から和牛にシフトしつつある世界のトレンドに対して和牛を世界に持っていこうとしていた「的場」が奇跡的に出会いました。
「脂の質が全く違う」と驚き噛んでも噛んでも「旨みがずっと続く」と惚れ込んだ「松吉牛」をご堪能下さい。


限定10食の超限定お土産

贅沢に松吉牛テンダーロイン使用したビフカツ「松吉牛テンダーロインカツサンド」。柔らかな希少な赤身の部位を食べ応えのある厚みにカット。噛んだ瞬間のとろける肉質と甘みに思わず虜に。ご来店頂いたお客様にのみ一日10食限定でご提供致します。


店舗概要

店名:M2(エム ツー)
住所:東京都西麻布4-2-9 シーズンズ西麻布102(広尾駅徒歩7分、六本木駅徒歩12分)
電話:050-5457-0696
時間:17:00-23:00
休日:日曜日
URL:https://www.instagram.com/m2_tokyo/
https://pocket-concierge.jp/ja/restaurants/245069


■ 株式会社東京美食Laboについて

日本の美食を繋げて世界中の人を笑顔にする為に、身体が喜ぶ「美食」を探求し世界を笑顔に。東京美食Laboは、美味しくて身体に良い「美食」を探求し、生産者と消費者を繋げて世界に笑顔を届けます。

世界最高峰の幻の希少食材をはじめとして、上質な食の提供を追求。独自の生産者や販売ルートのネットワークを世界中で構築していきます。


会社概要

会社名:株式会社東京美食Labo
所在地:東京都港区西麻布三丁目22番9号
代表者:笠川大海
設立:2019年7月
URL:https://tokyo-b-labo.com/

事業内容:
(1) 新規事業・商品開発 日本の美食を生産者と共に「発掘・創出」
(2) 販売・マーケティング事業 独自の国内外販路を経由して美食を「販売・マーケティング」
(3) プラットフォーム事業 生産者と顧客をつなぐ上質な美食の「プラットフォーム」創造

本リリースに関する報道お問い合わせ先

株式会社東京美食Labo
マーケティング本部
マーケティング企画室長
松本克也
TEL:03-6435-0038(平日10:00-17:00)
E-mail:info@tokyo-b-labo.com

和牛の「本来の魅力」を世界へ
日本の文化遺産である「幻の松阪牛」を軸にした 「松吉」ブランド取扱開始

〜 「世界最高峰の和牛」で世界畜産市場に革命を〜

株式会社東京美食Labo(本社:東京都港区西麻布3-22-9 代表取締役:笠川大海)は世界最高峰の畜産技術を軸とした「松吉」ブランドの取り扱いを開始致します。「松吉」ブランドの価値を高めつつ日本から世界へ発信していくことで、和牛「本来の魅力」を世界中に届けます。


松吉


「松吉」ブランドコンセプト

<ミッション(Mission)>

世界最高峰の畜産技術を軸に、「松吉」の技術・ブランドを、柔軟に垣根を超えて展開することで、「松吉」で世界畜産市場に革命を起こします。

<ビジョン(Vision)>

最高峰の和牛を日本から世界へ発信し、「松吉」を日本および海外で浸透させ確固たる世界ブランドとして確立します。

<戦略(Strategy)>

高品質な厳しいマニュアル・規格に沿った高級牛として「松吉」をブランド化します。独自の海外販路を構築し、「松吉」ブランド商品として和牛を輸出します。


誕生の背景

<なぜ「松吉」なのか?(Why “MATSUKICHI”?)>

松阪に縁のある「松吉」。松阪牛の「松」は、中国語で「送る」という意味を持つ「送」と同じ発音であり、「吉を送る」、松吉を届けることで幸せが広がるようにという想いがこめられています。
また「松阪牛」も敢えて「松吉牛」として展開することで、「松阪牛」を軸としつつも様々な制約を超えて世界を視野に入れた事業を見据えています。


「松吉」事業領域

日本三大和牛「松阪牛」を軸にした「松吉」ブランドの国内卸売・海外輸出事業を行います。徹底した「松吉」ブランディングと人脈によって国内外問わず良質な和牛を販売し、また飲食店舗経営・コンサルティング及び商品開発、通信販売事業により、最高峰の肉を最高峰の技術・ノウハウで最終顧客まで提供することにもコミットします。


■ 株式会社東京美食Laboについて

日本の美食を繋げて世界中の人を笑顔にする為に、身体が喜ぶ「美食」を探求し世界を笑顔に。東京美食Laboは、美味しくて身体に良い「美食」を探求し、生産者と消費者を繋げて世界に笑顔を届けます。

世界最高峰の幻の希少食材をはじめとして、上質な食の提供を追求。独自の生産者や販売ルートのネットワークを世界中で構築していきます。


会社概要

会社名:株式会社東京美食Labo
所在地:東京都港区西麻布三丁目22番9号
代表者:笠川大海
設立:2019年7月
URL:https://tokyo-b-labo.com/

事業内容:
(1) 新規事業・商品開発 日本の美食を生産者と共に「発掘・創出」
(2) 販売・マーケティング事業 独自の国内外販路を経由して美食を「販売・マーケティング」
(3) プラットフォーム事業 生産者と顧客をつなぐ上質な美食の「プラットフォーム」創造

本リリースに関する報道お問い合わせ先

株式会社東京美食Labo
マーケティング本部
マーケティング企画室長
松本克也
TEL:03-6435-0038(平日10:00-17:00)
E-mail:info@tokyo-b-labo.com